ペットの犬を抱えた夫婦
電話バナー.png

永代供養について知りたい方

※ 気になる費用のこともわかります

お墓の悩みを電話相談したい方

※ 相談内容は他言​いたしません

永代供養のお墓を選ぶとき大切なこと
​それは費用と安心感です

秩父札所十三番慈眼寺の永代供養墓、お花畑の霊園は​

  • はじめにかかる費用以外は、必要ありません
  • 後継者がいなくても、お寺が供養してまいります
  • 駅から徒歩1分、バス停前、無料駐車場もあります
  • ​ご希望があればペットも一緒に入れます

「あんしん永代供養」の安心ポイント①

お墓の費用を心配する主婦
費用が安く抑えられることを説明する慈眼寺住職

※ 瑠璃光廟を除く

お墓にかかる費用4.png

じつは墓石代が一番高くて、墓地代の2倍以上することも

「永代供養のお墓は負担が少なくてすむと聞いたのに、墓石代を含めたら最後には大きな金額になってしまった」とおしゃる方がよくいらっしゃいます。

 

慈眼寺の永代供養の霊園は大きな墓石を建てるお墓をつくらないですむので、負担をおさえられます。

墓石はすでにあるので、そこに彫刻料がかかるだけで墓石は無料ともいえます。

 

さらに永代供養料も含まれているので安心していただけます。

「あんしん永代供養」の安心ポイント②

永代供養のことを心配する男性
787年間2.png

お寺がしっかり御供養を続けていくので、安心です

慈眼寺の霊園の永代供養とは、お墓の後継者がいなくてもお寺がずっとご供養と管理を続けていくシステムです。

 

公営や共同の墓地と違い、いつでも住職がいるお寺の敷地の中にあるお墓なのでほったらかしにされることなどなく、安心感が違います。

 

すぐそばで観音様や薬師様の見守る中、日頃のお手入れはもちろん、お盆やお彼岸のときもしっかりご供養を行ってまいります。

慈眼寺の永代供養のお墓や境内、住職の写真

「あんしん永代供養」の安心ポイント③

永代供養の追加費用を気にする主婦
追加の費用以外はかからないと答える慈眼寺住職
お墓の維持費、管理費は無料

残されたご遺族やお子さまに、負担がかかりません

今までのお墓は墓地の確保から墓石の購入だけでなく、供養していただくお寺の檀家としてかかる付け届けやさまざまな寄付、維持管理費など、残された遺族にの大きな負担がかかりました。

 

慈眼寺の永代供養の霊園にかかる費用は、永代墓地使用料(永代供養料込み、維持管理費なし)35万円〜と墓石の彫刻料3万3千円〜、埋葬料2万円だけです。

「あんしん永代供養」の安心ポイント④

お墓参りに行きやすいことを確認する男性
駅から近く、バス停も無料駐車場もあることを伝える慈眼寺の住職
慈眼寺の永代供養墓への所要時間と交通費

ご遺族の方や、お友達がお参りに行くのにとても便利

ご相談に来られた方がよく悩んでいらっしゃるのが

「じつはお墓はあるんだけど、お参りに行くのが大変で困っちゃう... 」ということ。

 

慈眼寺の永代供養の霊園なら遠方から電車で来ても駅から歩いてすぐ。秩父の中心地域、平坦な場所にあるので買い物や散歩のついででもお墓参りができます。

 

もちろん自動車で来られる方のために、12台分以上の無料駐車場がありますのでいつでも大丈夫です。

「あんしん永代供養」の安心ポイント⑤

ペットも一緒にお墓に入りたいと願う女性
ペットもどうぞという慈眼寺住職
ペットも一緒にみんなが幸せな絵

家族として時を過ごしたペットも一緒に入れます

実の子どもと同じ、あるいは人生の伴侶、家族の一員として長い時間を一緒に過ごした大切なペットの犬や猫と、一緒に眠りたいと願う方が増えてまいりました。

 

慈眼寺の永代供養の霊園なら、そういった方のご希望にも添うことができます。

 

ただ、そのペットのお骨の大きさにもよりますので、ご希望の方は一度ご相談ください。

これからの時代の新しいお墓

お祈りをする慈眼寺住職

「独身」「夫婦だけ」「家族のお墓」「ペットも一緒 に」と、お墓の要望・希望は人それぞれ。それにお応えできるのが慈眼寺の永代供養の霊園です。 

 

787年続く慈眼寺が、ご供養だけでなく掃除なども心をこめて続けていきます。

 

四季折々の花と緑に囲まれて、ゆっくりお眠りいただけます。いつかは必要になるかもしれない、「墓じまい」の心配もいりません

 

わからないことやお悩みは、慈眼寺がまるごとサポートいたします。どんなことでも、お気軽にご相談ください。

お客様のお墓の悩み相談に対応している慈眼寺の住職

※ お客様のご相談に対応している柴原住職

私たちが.png
慈眼寺の電話受付バナー
慈眼寺の霊園、資料請求のバナー
慈眼寺のお花畑の霊園

無料のご相談や見学はいつでもお気軽に

動画を紹介する女性
お花畑の霊園の上空からの写真
慈眼寺の霊園が選ばれる理由
慈眼寺のお墓の相談や見学はいつでもお気軽に

​どんなことでもお気軽にお問い合わせください

慈眼寺の問い合わせ電話番号をかけるボタン
慈眼寺の霊園の資料請求をするボタン

元気なうちだから​笑顔で話せる、お墓のこと

親子の会話漫画1
親子の会話漫画2

 「まだいいよ」と先延ばしにしていると、実は後で大変になるのは大切な家族です。必ず決めることだから、ほんの少し考えておきませんか?

慈眼寺のご紹介

 旗下山慈眼寺(きかさんじげんじ)は、788年前に小さな祠から始まったと伝えられています。​曹洞宗のお寺で、本尊は聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)です。 

 この場所は太古の昔、日本武​尊が東国遠征の折に立ち寄り、御旗を建てさせたことにより旗の下(ハタノシタ)と呼ばれました。それが当山の俗称であるハケノシタに変わってきました。

 入口には薬医門と呼ぶ切妻造りの黒門があり、正面に立っているのが、明治34 (1901)年頃建造された本堂です。一切経輪蔵堂内に回転式の六角灯籠型経蔵があり、これを回しながらお参りする と、一切経を読誦したのと同じ功徳が得られるといわれています。

 目の仏様、薬師瑠璃光如来(​やくしるりこうにょらい)を祀り、日本全国から目に悩みを持つ方や、めを伸ばしたい方がお参りに訪れます。

​ 毎年1月8日は「初薬師」、7月8日は「あめ薬師」と呼ばれる御祈願例大祭があり、特にあめ薬師では山門前に露店が立ち並び、夕方からは2万人を超す人で賑わいます。

秩父札所十三番慈眼寺ロゴ
press to zoom
慈眼寺のあめ薬師の様子
press to zoom
慈眼寺の向かい目の絵馬
press to zoom
慈眼寺の薬師瑠璃光如来
press to zoom
慈眼寺の観音堂天井画
press to zoom
慈眼寺の観音堂と桜
press to zoom
慈眼寺の御前立ち聖観音像
press to zoom
ご祈願する慈眼寺の住職
press to zoom
慈眼寺の住職
press to zoom
1/1
地図.png
私たちが.png
慈眼寺の電話番号バナー
慈眼寺の霊園の資料請求バナー
 
メールでの資料請求はこちらから