ご夫婦で
ふたりだけのお墓

瑠璃光廟は、おひとり様用の合祀墓です。

お骨壷のまま、一時預かりから33回忌までお預かりするプランがございます。

​慈眼寺のあんしん永代供養の中で、最も費用が少なくて済むお墓ですが、永代に渡ってしっかりと御供養をしてまいります。

ふたりだけのお墓

安心できたと、喜びの声をたくさんいただいています。

ご利用者様の声

○私たちにぴったり(68歳女性) 

息子がいますが、東京に住み秩父には戻らないでしょう。少ない負担で私たち夫婦が入れるお墓を探していたところ、「ふたりだけのお墓」はピッタリでした。決めてとても良かったです。

○子供達がみんな賛成(72歳男性) 

訳あって独り身ですが、私が死んだ後遠方に住んでいる子供達に会いに来て欲しいと、駅に近いこのお墓に決めました。お墓が決まって子供達がみんな、賛成してくれました。

○とても嬉しかった。(77歳・女性)

​迷って決めましたが、夫が亡くなり葬儀というとき、慈眼寺の住職に導師をお願いでき、納骨もお墓でできて親戚一同からもいいお墓だといわれ、とても嬉しかったです。

​他にもご満足いただいた声をたくさんいただいております。ぜひ一度ご相談ください。

永代供養墓「ふたりだけのお墓」とは?

 ふたりだけのお墓は、全国対応の永代供養墓です。 ご夫婦ふたりだけでお墓の後を継ぐお子様がいない、子供はいるけど娘だけ、子供に負担をかけたくない、独り身などの事情でお悩みの方に、780年続くお寺、秩父札所十三番慈眼寺が永代に渡って心を込めてご供養、管理する永代供養墓です。
 ご夫婦ですと最後に亡くなった方から最長​33回忌(32年間)までお使いになれます。例えば、ご主人が亡くなってから、その後20年後に奥様が亡くなった場合、そこから32年間なので、合わせて52年間使用できます。それ以降は慈眼寺のお墓「瑠璃光廟」にお骨を移し供養を続けていきます。

永代供養墓ふたりだけのお墓
秩父札所十三番慈眼寺

「ふたりだけのお墓」​が人気の理由

後継ぎがいなくても安心

慈眼寺がずっとご供養いたします

子どもがいない。いても娘だけで嫁いでいる。遠くに住んで秩父には帰ってこないなどで、たくさんの方がお悩みになっています。

「ふたりだけのお墓」は、慈眼寺が永代に渡ってご供養と管理をしていくので、全てお任せください。

経済的に個人のお墓が持てる

​管理費等は、一切不要です

最長33回忌まででも基本料113万円から。はじめに費用をお支払いいただいた後は、年間管理費などの請求は一切ありません。もちろん寄付のお願い等もありません。

生前でもお申し込みできます

現在111基のお墓がお申し込み済みになっていますが、そのうち47基は生前契約でなおかつ、まだお骨が入っていません。

最大3体までのご遺骨が入れます

普通のお骨壷で2体、1体を袋にして計3体まで入れます。

宗教、宗旨、宗派、国籍など問いません

ふたりだけのお墓正面

寸法:

巾64cm/奥行き45cm/高さ140cm

納骨できる数:

普通のお骨壷で2体。一体を袋に入れて埋葬すると3体入ります。

ふたりだけのお墓 ご利用プラン

基本料33回忌まで (永代供養料・墓所・墓石使用料)  

113万円より

千円

​正面彫刻料 (言葉や家名など)  

戒名彫刻料(戒名または俗名・死亡年月日・行年)

万円

塔婆立て金具  (オプション)  

千円

上記価格以外には供養料や管理費等、一切必要ありません。分割払いもお受けいたします。ご相談ください。